読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTNwadaのブログ

自己紹介をしています

タイ旅行 初心者の人が知っておきたい事

旅行中の楽しみ方は人それぞれオリジナリティーが溢れています。

タイ旅行に初めて行かれる初心者の人に知っておいて損はないことを

6点ほど書いてみました。

 

まず最初の1点目は、タイ語の知識です。

挨拶程度のタイ語は覚えていきましょう。

高級なホテルのフロント等では、日本語又は英語がわかる人もいますが、

一般的には、通じないと思っていた方が良いです。

挨拶などのタイ語を多少でも話せると親しみを感じて非常に喜びます。

 

2点目は、タイの日中はやたら暑いです。

そこで飲み水が常に欲しくなります。

タイの水は飲んではダメです、必ずペットボトルの水を買って飲みましょう。

日本より安いです、10バーツ(30円位)で買えます。

タイの水を飲むと日本人の場合、お腹を壊したりします。

大丈夫な人もいますが、やめておいた方が良いです。

 

3点目は、タイはバーツです。 (1バーツは約3円)

日本円をバーツに両替しないと何も出来ません。

両替所は、至るところにありますが両替率が色々です。

その時点の円とドルの為替相場によっても変わりますが、

両替率が高い所と低い所の差は、かなりあります。

100~200バーツ(約300~600円)の差があります。

10,000円を両替すると平均約3,000バーツ位ですが、

銀行等で両替すると手数料が高いので、2,800~2,900バーツです。

100,000円を両替すると約3,000~6,000円の差になります。

ネットで調べれば、タイのバンコクおすすめ両替所がわかります。

そこで最新のレートを見れば金額の目安が付きます。

 

4点目は、タイはチップが必要です。

宿泊ホテルでは、旅行荷物を部屋まで運んでもらったら約20~50バーツ渡す。

ルームメイク(毎日のシーツやバスタオルの交換等の部屋掃除)にも20バーツ渡す。

出かけて留守にする場合は、枕元に20バーツ置いていく。

また、何かを頼んだりした場合でも20バーツ渡す。

レストラン等で食事をした時は、

チェックビン(お会計)してから食事代金の5%位のチップを置いていく。

食事代金が1,000バーツならば約50バーツ位を置いていく。

 

5点目は、タクシー、バス、電車(BTS等)の乗り物

バスや電車(BTS等)の料金は安いです、距離で設定されています。

タクシーは、注意が必要です。

運転手により料金がバラバラです。

乗車する時に確認しないとふっかけられます。

良心的な運転手は、メータ料金ですが最近少なくなっています。

こういう良い運転手さんには、少し余分(10~20バーツ)に払うと良いです。

私の場合は、遠くなければ100バーツで済ませてます。

 

6点目は、参考にしてください。

宿泊ホテルの部屋にある冷蔵庫の中に飲み物等が入っています。

チェックアウトの時に飲んだ物等は精算しますが、高いです。

私の場合は、近くのコンビニやスーパー等で飲み物や必要な物を

買って来て冷蔵庫に入れておきます。

その方が半額以下で安く済みます。

また、この時に1,000バーツで買い物をしてお釣りを貰うと良いです。

何故かと言うと、それは100バーツ札や20バーツ札が常に必要になります。

チップやタクシー等の時に色々小銭を持っていた方が便利です。

 

以上です、知っておいたほうがより楽しくなると思いますよ。